マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」5月

こんにちは。

さわやかな季節となりました。

今月の教室の様子をお伝えします。

<応用>☆☆ 5/17(金)

山の玄米おむすび / ごぼうのスープ / ベジタリアンカキフライ / 人参の味噌マスタードマリネ / いちごの豆乳ムース

「山の玄米おむすび」は、玄米ごはんにくるみ、ゆかりを混ぜてむすびました。

1個にはのり、もう1個には大葉を巻いています。

くるみが香ばしくて好評でした。生のくるみをオーブンで軽くローストして使うのがポイントです。フライパンで炒ってもいいです。

「ごぼうのスープ」は、ごぼうを丁寧に炒めて作る、水と塩だけのシンプルなスープです。

ごぼうの皮をむかないことと、水にさらさないこと、臭み(アク)が飛んで甘い香りになるまでじっくりと炒めることが大切です。うまみ、甘味を引き出すことができます。

玉ねぎも炒めて加えています。

半量をミキサーにかけてポタージュ状にし、半量は食感を残すためそのままにしました。ごぼうの香りと歯ごたえが両方楽しめます。

「ベジタリアンカキフライ」は、野菜を使ってカキフライに見立てたお料理です。

材料は大和芋、舞茸、のり、青のり、塩、しょうゆです。

大和芋と舞茸でカキの食感とグレーの部分を、のりで海の香りを、青のりでカキの緑色の部分を出していて、まるでカキフライかと思うような味わいです。

豆乳のホワイトソースと生野菜を添えました。

「人参の味噌マスタードマリネ」は、千切りにした生の人参を、玄米甘酒を使ったマリネ液に漬けたものです。

漬けておいても、混ぜてすぐでもおいしいです。

「いちごの豆乳ムース」は、季節の果物いちごを使ったデザートです。

豆乳に寒天とくず粉を加えて煮て作ります。

いちごは火からおろした後、最後に加えると香りと色を生かすことができます。

今月は、スープ、ムース以外はお弁当にも持って行きやすいメニューになっています。

カキフライは、パン粉をつけた状態で冷凍することもできます。朝、揚げるだけです。

どうぞ参考になさってくださいね。

♥♥♥「なちゅらるクッキング」では受講生を随時募集しています♥♥♥

基礎・・・毎月第2金曜日 10:00~13:00 会費1,550円

応用・・・毎月第3金曜日 9:30~13:00 会費2,550円

場所:岐阜県可児市土田地区センター 2F 料理実習室

ゆき

おすすめ記事

  1. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」3月メニュー
  2. カフェでは 安心,安全,健康,おいしい お水(浄水器)を使用して…

関連記事

  1. マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキン…
  2. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」10月
  3. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」7月メニュー
  4. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」9月メニュー
  5. マクロビ料理教室「なちゅらるクッキング」6月メニュー
  6. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」11月
  7. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」3月メニュー
  8. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」2月
PAGE TOP