梅雨空 畑の様子

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ に隣接する

オーガニックな畑の様子。

自然栽培ですが、草も刈りますし手入れもします。

基本的には無肥料ですが、以前は自然肥料で育てられた鶏の糞も使っていました。

あまりこだわっていませんが、人や自然に優しい畑にしたいと思っています。

農薬は一切使用しません。

 

さて、梅雨明けしましたが…

雨が続き、とーても蒸し暑いです。

畑の様子ですが、とにかく雑草が元気です。

野菜は、少し元気がありません。

カメムシが発生してます。

湿気があるので、トマトやキュウリの病気が心配ですね。

 

オーガニックな畑では、野菜の成長がとてもゆっくりです。

大丈夫かな?といつも思うのですが、しっかり大きくなってくれます。

無肥料にしてから成長がゆっくりになったのですが、有機肥料を使っていた頃より収穫期間が長くなって、結果収穫量が増えた気がします。

病気も減りました。

しっかり比べたわけではありませんが。

 

有機栽培は、成長が早いが、短期間しか収穫できない。

無肥料は、成長は遅いが、長期間収穫できる。

私の個人的な感想です。

 

自然相手。なかなかうまくいきません。

ただ、

無肥料は虫が多く発生しますが、全滅はしない。

 

肥料を与え続けなくていい。

無理しなくていい。

自然任せ。

雑草だけは刈りますが、なるべく根はそのままにして微生物を増やします。

畝も立てますが、なるべく土を動かしません。

刈った雑草は野菜のマルチにします。

 

 

私は、家族の野菜とお店で使える少しの野菜を育てています。

もし、プロ農家だったら… 大変ですよね。

無農薬、無肥料でプロ農家としてがんばっている方はすごいです。

とてもまねできません。

尊敬します。

 

私はサラリーマンをしながらの週末農業ですが、少しでも人と自然に優しい畑になるよう努力していきます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

けん

 

 

自然栽培 ジューンベリー

6月23(金)開催のアナスタシアのお茶会  受付を終了しました。

多くの方に申し込みいただき、ありがとうございました!

 

早いもので6月も中旬ですね。

オーガニックな畑では草の根を抜かず上だけ刈っています。

そのため土は乾燥しにくいのですが、さすがに最近雨が少なく、全体的に乾いてきました。

ほとんど放任ですが、小さな野菜の苗は少し水を与えないと枯れてしまいそうです。

野菜を育てていないときは、いつも晴れてほしいと思っていましたが、野菜を育てるようになってからは、雨が降るとホッとします。

小さい野菜の苗が心配ですし、種を蒔いたり苗を植えたり。

恵みの雨が、待ち遠しいです。

 

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ の入り口付近に、ジューンベリーの木が2本あります。

苗を植えてから無農薬無肥料の自然栽培。

冬に葉が落ちてから少し剪定しますが、それ以外は少しの手入れだけです。

新緑の時期に少し毛虫採りをしますが、今年はまったく毛虫がいません。

不思議ですが、ありがたいことです。

6月に実がつくのでジューンベリーといいますが、今年もおいしい実が生りました。

鳥が狙っていたので、網を張りました。200円の安いもので充分効果あり。

まったく鳥を寄せ付けません。

実が赤くなったらもう少し。紫になったら食べ頃。

子供たちは紫の実を見つけると、自分で採って好きなだけ食べます。

酸味があってほどよく甘いので大好物。なかなか飽きません。

沢山採ればジャムにします。しばらく朝食のトーストに。

私は一般的な甘い果物より、ジューンベリーのようなほんのり甘い果物が好きです。

ただ、種があるので気にされる方もいるかもしれません。

私は種も食べてしまいますが。

 

観賞用にもおすすめ。

春、桜が散った頃白い花が咲き、葉は丸くかわいらしく、実は真っ赤できれい。

秋はきれいに紅葉しますよ。冬は少しお休み。

木は7mくらいの大木になるようですが、土が浅かったり鉢植えで、お店のジューンベリーは2.5mくらいで今のところ止まっています。

 

なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ の 庭には ジューンベリー以外に、自然栽培で沢山の果樹が育てられています。

 

ブルーベリーはそろそろ食べ頃。

私が何度か草刈機で刈ってしまったので、かなり小さくなってしまいましたが毎年少し実を付けます。

 

びわの木。

今年は沢山実をつけました。甘酸っぱくおいしい。

虫もつきません。

 

夏はイチジク。

甘くておいしいですが、木に虫がつきます。

大きくなっては虫にやられ、切ってしまうとまた下から芽が伸びてきて。

また大きくなる。とにかく成長が早い。

 

冬はみかん。

ほったらかしですが、毎年満足できるくらい食べれます。

 

 

野菜もそうですが、特に果樹を育てると季節を感じることが出来るのでおすすめですよ。

自然が相手だと自分の思い通りにならないですが。

大変なこともありますね。

でもなかなかやめられません。

 

忙しい毎日の中で、立ち止まり、ふと考えます。

自然だけでなく、いろんなことが、思い通りにはならないと。

 

でも不満はありません。

 

 

 

明日は通常営業

よろしくお願いします。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

けん

 

 

 

 

 

畑への想い

暖かい日が続きます。でも朝晩は少し寒いですよね。

 

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ に隣接する場所にオーガニックな畑があります。

基本的には、無農薬、無肥料、不耕起(自然栽培)です。

ものすごいこだわっている訳ではありません。ただ、心と身体に優しい野菜を育て、自然に優しい畑にする。

農薬や化学肥料を使えば、雨が降り、川に流れ、いずれは海に行き、海が汚れ、魚が汚染されます。

結果には原因があり、私がしたことは全て私に返ってきます。

 

 

私は5年ほど前までは、別の場所で野菜を育てていました。無農薬、無化学肥料。

しかし体調を崩し、借りていた畑も返しました。

しばらく野菜を育てるのは控えていたのですが、今のオーガニックな畑を「やってくれないか」と言われたんです。

体調も悪かったし仕事も忙しかったので、最初は断るつもりでした。

「とりあえずやってみて、だめなら返したら?」と言われ、悩みましたが、とりあえず畑で野菜を育てることに。

畑のオーナーが体調を崩し入院したので見舞いに行った時、「後継者が来た!」と喜んでくれました。さらに、「あげることはできないけど…」と寂しげにおっしゃいました。

私は少し申し訳なく感じたんです。信頼を裏切ってる気がして。

 

 

畑作業をしていたとき、あることに気付きます。

野菜が育てられていた場所より少し外れた場所の草を取っていたら、石がごろごろ出てきたんです。

あれ?と思いまわりを見渡すと、畑の隅に石の山がありました。

畑は石が少なく土もやわらかく作業しやすいなーと思っていたのですが、もともとは石も多く土も固い畑だったことに気付きます。

私の心が動いた瞬間。

この畑は、畑のオーナーを始め多くの方々が守ってきた畑なんだなーって気付いたんです。

なんの縁もなかった、よそ者の私がこの畑を任されている。

覚悟を決めました。

次の世代につなぐ役割が私にはあります。

誰か分かりませんが、次の人に「良い畑だ」と言ってもらえるように。

もしかしたら畑がなくなり家が建つかもしれませんけど。

もちろん無理はしませんが、年だとか体調が悪いとか言い訳するのはやめました。

私ができることをできる範囲でやっていきます。

 

 

このことに気付くまでは、ここにただ「住んでいる」気持ちでした。

今は、ここに多くの方々のおかげで「住まわせてもらっている」と思うようになりました。

死んだら何も持っていけませんからね。全て借り物です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

けん

春の花 カフェの花

春本番ですね、暖かくなりました。

桜が満開になりましたが、あいにくの雨で少し散り始めています。

一気に咲いて、一気に散っていく桜は見事ですよね。

別れあり、出会いあり。

花や野菜や草が活発になる季節。

私も活発になってきました。

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ には、桜はありませんが、いろいろな花があります。

全部はできませんが、少し紹介しますね。

 

お店の入り口の前に、ジューンベリーの木が2本あります。

本当は7mくらいになるのですが、駐車場のあまり適していない場所に植えたので残念ながらまだ2mくらい。

15年以上たつので、大切な木。

桜が満開になった頃、少し遅れて咲き始めます。

このジューンベリーは6月頃、真っ赤な実を付けますが、子供たちが毎年楽しみにしていて、熟してくると自分たちで採って気ままに食べています。

飽きてくると、鳥たちの餌になるんですよ。

ジューンベリーは毛虫が多いので、毎年ピンセットで子供たちが騒ぎながら、駆除してくれます。毛虫を探すのがうまいんですよね。

 

 

 

ローズマリー です。

かわいい紫の花。

ローズマリーの葉は、カフェでも使っています。カフェのお庭や、オーガニックの畑で栽培しています。

20本くらいありますがとても栽培しやすいですよ。

ほとんど枯れません。

ほったらかしですし、挿し木で増えるので経済的。

料理で使えますし、観賞用にもなるのでおすすめ!

 

 

 

オーガニックな畑にもたくさんの花が咲いていますが、これは小松菜の花です。何年か前の種が芽を出し、咲いています。

今年何もしていない場所でこっそり大きくなって知らない間に咲きました。

ここまできたら綺麗なので、そのままにしておきます。

 

 

 

この花。昨年から今年の4月までたくさん食べた野菜の花です。

よーく見ると分かりますが、ブロッコリーです。

10株くらいでしたが、1年中たくさん食べれました。

そろそろ限界ですが、つぼみになっても少し苦いくらいでまだ食べれます。

ブロッコリーはやわらかい苗の時期に虫がつきますが、うまくいけばどんどん大きくなり、無農薬、無肥料で育ちますよ。

わき芽がどんどん収穫できるので長い期間食べることができます。

せっかく花まで育てましたが、このブロッコリーはF1(種を採るには不向き)なので種は採りません。

 

 

少し分かりにくいですが、ルッコラ(ロケット)の花です。ハーブなので良い香りがします。

少し苦味はありますが、サラダに入れると美味しいです。

今年は育ちが良かったので、たくさん美味しくいただきました。

このルッコラ(ロケット)は固定種(種を採るのに向いている)なので種を採りたいと思います。

 

またオーガニックな畑のブログを書いたときに、固定種やF1について詳しく説明しますね。

 

 

 

 

カフェには、まだまだたくさんの花が咲いていますが、どれも綺麗で癒されます。

私は若い頃、花にまったく興味がありませんでした。

桜は春になるとさすがに、綺麗だなーと思っていましたが、それ以外はそもそも目に付かなかったんです。

今は野草の花を見ても心を奪われます。野菜の邪魔であれば容赦なく抜いてしまいますが。

今年もオーガニックな畑にタンポポがたくさん咲きました。子供たちが種を飛ばすのでどんどん増えています。めちゃめちゃ楽しんでいるので、止めることはできません。

いつかタンポポ畑になるかもです。

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック な 畑

春分の日も過ぎ、ますます暖かくなってきましたね。

春分の日は国民の祝日の一つで、自然をたたえ、生物をいつくしむ日 と定められています。

私のオーガニック な 畑も暖かくなったおかげで騒がしくなってきました。野菜たちと一緒に草や花も元気です。

岐阜県可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ に 隣接する場所に、 小さな オーガニック な畑 があるので紹介しますね。

栽培方法

私は長いあいだ、野菜を育ててきました。

私自身小さい頃から体が弱かったこと、病気の身内がいたことなどから、野菜を栽培するのに農薬や化学肥料は一切使用しませんでした。

農薬や化学肥料の知識はほとんどありませんでしたが、なんとなく体に悪そうなイメージだったので使用する選択肢がなかったんです。

以前は畑を耕運機で耕し、有機飼料で育てられた鶏の鶏糞や落ち葉などを混ぜ込み、有機栽培でした。

いろんな本や人から勉強して私なりにいろいろ試しましたが、現在は無農薬、無肥料、不耕起で栽培中(自然栽培)。

もともと畑にいる微生物たちを一番に考え、持ち込まない、持ち出さない。

なるべく自然に近い状態で野菜を育てるようにしています。ただ放任栽培ではなく、草も刈りますし、手入れもしますよ。

自然を相手に失敗を繰り返しながら、自分なりに行き着いたのがこの オーガニック な畑でした。

現在の畑

オーガニック な畑 では、連作しないように畑を四分割しています。四年に一回しか同じ場所で同じ野菜を育てないようにするためですが。

今年は体調が悪いのと、いろいろ忙しいのを理由に2つの畑のみ使用です。早い時期に完全復活したいとは思っていますが、無理はいけません。

今まで無理をして体を壊しました。

以前は、仕事をしながら大きな畑と田んぼを無農薬で栽培し、販売もしていたのでかなり大変だったんです。草も生えるし周りの人から苦情もあったので無理をしていたら、腰と背中を痛めてしまったんです。

かなりの激痛で朝起きれないくらいでした。5年くらいたった今でも、まだ痛みはあります。

以前は仲間たちと栽培していました。今は一人なので仕事をしながらだと限界があるんですよね。

だから今できる範囲で、今できることをすると決めました。

栽培している野菜たち

今栽培している野菜

ブロッコリー、大根、ミニ白菜、レタス、ネギ、小松菜、えんどう 、ローズマリー、ロケット など。

これから栽培予定の野菜

バジル、夏野菜 、スイカ、きゅうり、レモンバーム、ブロッコリー、レタスいろいろ、にんじん、白菜、シソ など。

これらの野菜は自然栽培で育てやすい野菜だと思います。

育てている野菜の中では、ミニトマト、スイカ、ネギ、シソ、レモンバーム、ローズマリー などは、ほぼ自生していますので、少し手を加えるだけですみます。ありがたい。

最後に

この 小さな オーガニック な畑 で栽培される野菜たちは、家族で食べるのが基本ですが、ハーブや一部の野菜を、なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ のメニューの中で使用したり、販売もしたりします。

私なりにこだわりを持って、体に優しく美味しく をモットー に栽培しておりますので、よろしくお願いしますね。

また、この オーガニック な畑 の様子を少しずつ紹介していきますので、よろしかったら見てください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。