マクロビオティック料理教室        「なちゅらるクッキング」11月

こんにちは。

🍁紅葉が始まったと思ったら、あっという間に寒くなってきましたね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 11/10(金)

黄金粥 / 大根の素揚げ煮 / かりんとう

「黄金粥」は、玄米とかぼちゃを一緒に炊いたお粥です。

玄米がやわらかく炊け、かぼちゃと混ざり合って黄金色になっています。

どなたにも食べやすいおいしいお粥です。

アクセントにかぼちゃの蒸し煮を飾りました。

「大根の素揚げ煮」は、大根、にんじんを素揚げしてからしょうゆで濃い目に煮付けたものです。

だしも使っていないのに、コクのある煮物になっています。

油と塩気が合わさってうまく甘味に変わっているのでしょうね。

針しょうがを添えています。

「かりんとう」は、リマの初級の課題料理にもなっている基本のお料理です。

水と塩を加えた地粉の生地を菜種油で揚げました。

からりと仕上がるように、油の温度調節がポイントとなります。

温度やタイミングが適していないと芯がクニュッとなってしまいます。

焼き塩をふっていただきます。

 

❤今月のお手当は「生姜油」を行ないました。

頭痛、肩こり、中耳炎、脱毛、白髪、アトピーのかゆみ、花粉症、しもやけなどに、マッサージ・すりこみをする外用のお手当です。

ひねしょうがをすりおろし、汁を使います。

同量のごま油におろし汁を少しずつ加え、よく混ぜ合わせて乳化させます。

頭皮用には椿油に替えるのがおすすめです。

手足や肩などにすりこみながらマッサージすると、ポカポカして、血行が良くなるのが感じられます。

かぼちゃとしょうがのおやき

(お粥の残りのかぼちゃのわたと、お手当のしょうがの搾りかすを使いました。)

かぼちゃの種を炒ったもの

お楽しみのおまけの二品です。

生姜油でマッサージして、煮物の針しょうがや、しょうが入りのお焼きをいただいたので、「なんかポカポカしてきた~💛」とみなさんで温まることができました。

ちなみにしょうが入りのおやきは、たこ焼きの味がします。

 

<応用>☆☆ 11/17(金)

🎄今月はクリスマスメニューです。

フルコースを一品ずつ紹介します。

前菜:エリンギのソテー~塩麹ソース

エリンギを輪切りにして冷凍し、凍ったまま焼きました。そうすることで組織がこわれ、うま味がアップします。

オリーブオイルと玄米塩麹を合わせたソースがよく合います。

玄米塩麹は、私が作ったもので、お気に入りの調味料の一つです。

スープ:ほうれん草のスパイススープ

ほうれん草と玉ねぎをたっぷりと使用したポタージュです。カレー粉を使い、スパイシーにしました。

中央の具は絹ごし豆腐です。まるでチーズの塊のように見えます。

パスタ:アマランサスのたらこクリーム風全粒粉スパゲティー

アマランサスという雑穀は炊くと、サイズ、色、プチプチ感がたらこそっくりです。

豆乳のホワイトソースで和えました。白しめじ、玉ねぎを使い、白いお料理に仕上げました。

手前:全粒粉スパゲティー、奥:精白小麦粉のスパゲティー

お米でいうと全粒粉パスタが玄米、精白小麦粉パスタが白米です。

マクロビオティックでは「一物全体」でいただくのが自然と考え、小麦も丸ごとの全粒粉パスタを使うことが多いです。

玄米の苦手な方は、パスタから取り入れてみてはいかがでしょうか?

伸びにくいので、アルデンテの食感も残りやすく、おすすめです。

主菜:車麩のリース焼き

下味を付けて煮た車麩に、マヨネーズ風豆腐クリームを塗り、パプリカ、かぼちゃを飾って、オーブンで焼きました。

ドーナツ状の車麩を丸ごと使い、リースに見立てました。

デザート:抹茶のタルト、三年番茶

大きなきりかぶの人気ケーキのレシピそのままで作りました。

ナッツがたっぷりのさくさくタルト生地に、抹茶豆腐クリームを流し入れて焼きました。抹茶の香りと色が楽しめます。

ケーキを切り分ける前の姿です。

 

クリスマスなので、彩りと形を意識して考えたメニューです✨

おうちでのクリスマス会にお役に立てていただければうれしいです。

主食がパスタで粉食なので、おかずとして雑穀を使うと、粒食を取り入れることができてバランスが良くなります。

お豆腐をよく使いましたが、マヨネーズ風、チーズ風、生クリーム風と何にでも使える素敵な素材だなぁと改めて思いました。

 

ゆき

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」11月メニュー

🍁なちゅらるクッキング11月メニュー🍁

<基礎> 11/10(金) 10:00~13:00  1,550円

・黄金粥

・大根の素揚げ煮

・かりんとう

お手当は「生姜油」

 

<応用> 11/17(金)    9:30~13:00     2,550円

🎄今月はクリスマスメニューです。

・アマランサスのクリームパスタ

・ほうれん草のスパイススープ

・エリンギのソテー~塩麹ソース

・車麩のリース焼き

・抹茶のタルト

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

ゆき

 

土田公民館まつり、ありがとうございました。

11/5(日)可児市土田公民館まつりにて、マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」はカフェコーナーを出店しました。

今年で参加8回目となりました。ありがとうございました。

多くの方がコーヒーを飲みに来て下さいました。

クッキーも好評で、完売しました。

立ち寄って下さった方々、公民館職員さん、まつりスタッフの方々、なちゅらるクッキング会長のえりこさん、受講生のみなさん、ありがとうございました。

このクッキーは、植物性素材のみで甘さも控えて作っていますので、バターの香りや、やわらかさ、口に入れた瞬間の甘さはありませんが、よくかんで食べていただくと小麦のうま味・甘みが感じられ、ナッツ・紅茶・ココアの香りも楽しむことができます。

お持ち帰りして下さった方は、おうちでのティータイムでゆっくり味わってみて下さいね。

ゆき

H29可児市土田公民館まつり参加のお知らせ

マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」は、今年も可児市土田公民館まつりにカフェコーナーとして参加します☕

11/5(日)9:00~15:00

土田公民館2Fロビーにて

<メニュー>

❤オーガニックコーヒー・・・・・・・・100円

❤無農薬紅茶・・・・・・・・・・・・・100円

❤100%オレンジジュース(無香料)・・・100円

❤穀物コーヒー(ノンカフェイン)・・・・100円

❤手作りマクロビクッキー・・・・・・・・100円

(ココア・紅茶・ナッツの3種です。国内産小麦粉使用、卵・乳製品・白砂糖不使用です。)

みなさま、お誘い合わせの上、ホッと一息つきにいらして下さいね。

🍪クッキーは無くなり次第販売終了です。例年好評ですので、午前中がおすすめです。

 

★受講生のみなさんへ★

・クッキー作り:11/3(金・祝)9:00~

・まつり当日:11/5(日)8:50 2Fロビー集合です。

服装は上が白、下が黒、エプロン着用です。

よろしくお願いします。

 

ゆき

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」10月

こんにちは。

この頃は雨も多く、肌寒くなってきましたね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 10/13(金)

さつまいも玄米ごはん / なめこの味噌汁 / さざれ石

 

「さつまいも玄米ごはん」は、さつまいもと玄米を圧力鍋で一緒に炊きました。秋らしいおいしいごはんです。

「なめこの味噌汁」は、昆布だしに、豆味噌:麦味噌=5:5で合わせました。寒くなってきたので、豆味噌の割合を増やしました。お味噌はすり鉢ですってから入れるのがポイントです。粒子が細かくなり、分離もしにくく、おいしくなります。☆yukarin☆さんも以前ブログに書いていましたね。

写真では見えませんが、なめこと枝豆が入っています。

「さざれ石」は里真先生のレシピのお菓子です。

さつまいもを素揚げして、レーズンやくるみと一緒にりんごのくず練りで寄せています。さつまいもの黄色も鮮やかに出て、砂糖・甘味料を使わないとてもおいしいお菓子です。

 

❤今月のお手当は「焼き塩」を行ないました。カイロのように温めに使う外用のお手当です。

自然塩をフライパンで20分程じっくりと炒ります。

新聞紙または和紙で作った袋に入れ、テープでとめます。

タオルで包んで、患部を温めます。熱いのでやけどに注意して下さい。

「生姜湿布」や「里芋パスタ―」と併用すると効果的です。

お塩が冷めてきたら、炒り直して何度でも使えます。

 

<応用> 10/20(金)

紫玄米の焼きむすび / 高野豆腐のいんろう揚げ / りんごのサラダ / ごぼうの粒マスタード味噌和え / 栗蒸しようかん

 

「紫玄米の焼きむすび 」は、黒米を混ぜて炊いた玄米ごはんを俵にむすび、オーブンで焼きます。昆布だしを塩で調味し、くず粉で少しとろみをつけ、お茶漬け風に盛りつけました。あられや、ごまの香りが香ばしい一品です。お酒の後にもおすすめです。

「高野豆腐のいんろう揚げ」は、下味をつけて煮た高野豆腐をいんろう型(黄門様の持ち物の薬入れです)に切り込みを入れ、中に大和芋、豆腐の生地に枝豆、にんじん、コーン、黒ごまを混ぜたものを詰めています。彩りがきれいです。衣を付け、一度蒸してから、揚げました。「蒸す」→「揚げる」という陰陽の繰り返しでさらにおいしくなります。

上記2品は、松本光司校長先生のレシピです。東京でおもてなし料理を習った時のものです。いつか教室でやりたいと思っていて、やっとできました。

校長先生は日本料理の板さんご出身なので、大人数分の美しいお料理を手早く作られるのがお得意でした。

「りんごのサラダ 」は、お寺の精進料理を参考にしました。りんご、にんじん、みつばを合わせ、ピーナツバターで作ったソースをかけます。りんごは秋映えを使ったので、程よい酸味でサラダによく合いました。

「ごぼうの粒マスタード味噌和え」は私の定番料理です。アクを飛ばしてからじっくりと蒸し煮したごぼうを、麦味噌、粒マスタード、オリーブオイルで和えました。

「栗蒸しようかん」は、てんさい糖を使ったこしあんに地粉、くず粉を加えて甘栗を混ぜ、蒸し器で蒸しました。こしあんは面倒だと思いますが、私は普通に粒あんを作り、フードプロセッサーにかけているので簡単でおすすめの方法です。皮ごと使うので小豆の風味も濃くなります。

 

今月の応用は「和風のおもてなし料理」をテーマにしました。

また、基礎では里真先生、応用では松本校長先生のレシピを取り入れました。リマのレシピをきちんと伝えていくことが私の役割だと思うので、オリジナルにならないよう再現しました。それがマクロビオティックを正しく広めていく方法の一つだと思います。

マクロビオティックがもっと広まって、穏やかな人でいっぱいの世の中になりますように。

 

ゆき

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」10月メニュー

👻なちゅらるクッキング10月メニュー🍭

<基礎> 10/8(金) 10:00~13:00  1,550円

・さつまいも玄米ごはん

・なめこの味噌汁

・さざれ石

お手当は「焼き塩」

 

<応用> 10/13(金)    9:30~13:00     2,550円

・紫米の焼きむすび

・高野豆腐いんろう揚げ

・ごぼうの粒マスタード味噌和え

・りんごのサラダ

・栗蒸しようかん

 

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

<公民館まつりのお知らせ>

今年も「なちゅらるクッキング」はカフェコーナー☕を出店します。

・クッキー作り・・・11/3(金・祝) 9:00~ (午前中で終了)🍪

・まつり当日・・・11/5(日) 8:50~ (参加できる時間のみでOKです)

受講生のみなさんは、お手伝いをよろしくお願いします。

 

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月

こんにちは。

秋らしいさわやかな季節となりました。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 9/8(金)

玄米ごはん / クリームシチュー / 昆布の佃煮

 

「玄米ごはん」は圧力鍋で炊きました。初めての方にも「おいしい❤」と言っていただけたのでうれしいです。

私はドイツ製シラルガンの圧力鍋を10年以上愛用しています。

ふっくらもっちりと玄米ごはんが炊けるので、玄米がおいしくないと思っている方にもおすすめしたいです。

かまど炊きのようなおいしさの秘密は、強磁性銅の優れた熱効率と、特殊ガラスセラミックによる遠赤外線効果の力です。

「クリームシチュー」は基本のシチューです。

地粉を菜種油で炒めて昆布だしでのばし、ベシャメルソースを作りました。

豆乳も使っていないのに、クリーミーでコクのあるクリームシチューができました。生徒さんはとても上手に作れて、「早速家で作りたい❣」と気に入ってもらえました。

野菜はにんじん、玉ねぎ、キャベツをたっぷり使用しました。

だしをとった後の昆布は佃煮にしました。

💛お手当は「小豆かぼちゃ」を行ないました。

糖尿病、むくみなどのおすすめのお手当です。症状のある方は、朝晩、小皿に一杯ずつ食べるとよいです。

もちろん、どなたが食べてもおいしいお料理です。

小豆をたっぷりの水でやわらかく煮て、かぼちゃを加えて煮たものです。塩少々をします。

腎臓に効かせるため、汁気をたくさん残すように仕上げることがポイントです。

残ったかぼちゃのわたを使ったお焼きと、かぼちゃの種の炒ったものをみんなで分けていただきました。こちらもおいしくて、人気でした。

 

<応用> 9/15(金)

黒ごま入り玄米ごはん / たぬき汁 / もちきびコーンクリームコロッケ / さつまいものみそマヨ和え / 塩麹のスコーン

 

「黒ごま入り玄米ごはん 」は、黒ごまを玄米に加えて炊いたものです。ごまが香ばしく、色も染まってきれいです。

「たぬき汁」は、うの花を使ったお味噌汁です。うの花には種がないので、“種抜き”=“たぬき”というわけです。

こんにゃく、ごぼう、にんじん、油揚げ入りで、おろし生姜を添えました。だしは昆布と椎茸、味噌は麦味噌と豆味噌を合わせました。コクがあって、体が温まる汁物です。

「もちきびコーンクリームコロッケ 」は、炊いたもちきび、クリームコーン、粒コーン、うの花を合わせて生地にし、天然酵母パン粉をつけて菜種油で揚げました。

もちきびとコーンできれいな黄色で、みんな大好きな味だと思います。

添えたサラダ菜は、「エルーゴ」という品種で、私が育てたものです。秋になって少し葉っぱが硬くなりましたが、少し辛味があって味の濃いサラダ菜です。丸くてきれいな形をしているので、お弁当の仕切りにもおすすめです。「大きなきりかぶ」にて種を販売しています。

F1種でないので、種がとれたらまた来年蒔けるかなと楽しみにしています。

私は種や畑には詳しくないので、「オーガニック な 畑(自然栽培)」のカテゴリー担当のけんさんに聞いてみるといいですね。

「さつまいものみそマヨ和え」は、最近さつまいもを見ていて思い付いたお料理です。蒸したさつまいもと、白ネギを豆腐マヨネーズと麦味噌、粒マスタードで和えました。味噌を使うのでねぎがよく合います。生徒さんにも好評でした。

「塩麹のスコーン」は、玄米塩麹、うの花を使ったスコーンです。生地には甘みを全く加えていないのですが、とてもおいしいです。地粉や菜種油の香ばしさが塩味と合わさって、甘味に変わっているのでしょうね。

豆乳カスタードクリームと、無糖のブルーベリージャムを添えました。

飲み物は水出しの三年番茶です。

おまけの1品です。コロッケの衣の残りとパン粉を混ぜたものを揚げました。これが一番おいしいという方もいるくらいなぜか人気です。お子さんのおやつにも喜ばれますよ。

 

今月の応用は、生徒さんの「うの花のお料理が作りたい」というリクエストに応えて、3品にうの花を使いました。

まだ夏の名残で暑く、夏と同じようなものを食べてしまいがちですが、この時期に身体を冷やしてしまうと風邪もひきやすくなりますので、秋の食べ物や身体を温めるものを食べるようにして、冬に備えて下さいね。

今回使った玄米や雑穀などの穀物、さつまいも、お味噌などがおすすめです。

 

ゆき

 

 

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月メニュー

🎑なちゅらるクッキング9月メニュー🎑

<基礎> 9/8(金) 10:00~13:00  1,550円

・玄米ごはん

・クリームシチュー

お手当は「小豆かぼちゃ」

 

<応用> 9/15(金)    9:30~13:00     2,550円

・黒ごま入り玄米ごはん

・たぬき汁★

・もちきびコーンクリームコロッケ★

・さつまいものみそマヨ和え

・塩麹のスコーン★

今月は応用はうの花づくしです。★にうの花(おから)を使用しています。

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」8月のお知らせ

🌻マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」は8月はお休みです🌻

次回は9月です。

基礎・・・9/8(金)

応用・・・9/15(金)

よろしくお願いします。

暑さの折、気を付けてお過ごし下さい。

 

ゆき

 

 

 「なちゅらるクッキング」は土田公民館にて行っている、マクロビオティック料理教室です。(毎月第2金:基礎、第3金:応用)
受講生は随時募集しています。基礎のみ・応用のみ・同時受講・単発受講も可。

❤玄米のおいしい炊き方を知りたい方

玄米菜食のシンプルなお料理を作ってみたい方

❤ヘルシーなお料理のレパートリーを増やしたい方

❤お料理して食べるのが好きな方

❤お友達を増やしたい方

❤健康、ダイエット、美肌に関心のある方

❤マクロビオティックの基本を学びたい方   など

*玄米、雑穀、野菜、豆、海藻などの植物性素材を使い、お肉やお魚、卵、乳製品、お砂糖、化学調味料などは使いません。(だしは昆布・椎茸・野菜です。)
*BHウォーターを使用します。

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」7月

こんにちは。

夏本番となりましたね☀

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 7/14(金)

すったて / にんじんのピーナツバター和え

 

「すったて」は、埼玉県川島町の郷土料理で冷やし汁うどんのことです。名前の由来はつけ汁の具材を“すりたて”で食べていたことからきているといわれています。

手打ちうどんを作り、冷たい味噌仕立てのつけ汁を添えました。味噌を焼いてすり鉢でするのがポイントです。炒りごまときゅうりが入っています。

薬味にみょうが、大葉を添えました。

手打ちうどんを初めて作ったという方も多く、「もちもちでおいしい❤」と好評でした。

つけ汁を薄目に作ると、冷たいお味噌汁としていただけるので、暑い夏にもおすすめです。

「にんじんのピーナツバター和え」は、蒸し煮したにんじんを、ピーナッツバターをしょうゆ、だし汁でのばした衣で和えました。粒入りの無糖のピーナツバターを使っています。

 

💛今月のお手当は「どくだみ茶」を行ないました。

どくだみ

葉を陰干ししたもの

煮出してお茶にします。

野草の生命力の強さをお手当に利用します。

にきび、高血圧、便秘、かさかさアトピー、副鼻腔炎などに。

お茶として飲むほか、ローションとしても使えます。

臭みやクセがあるという先入観を持つ方が多いと思いますが、しっかり乾燥させているからか、干し草のような香りで、クセもなくおいしく飲めます。

生徒さんにも好評で、食後のお茶としてもいただきました。

 

<応用> 7/21(金)

ベジタリアンピザ 2種  /  ガスパチョ / ティラミス・グラスデザート

ピザを取り分けたところです。一人分は2種類を2枚ずつになります。

 

「ベジタリアンピザ 2種」は、“トマトソース&豆腐チーズ”と、“バジルソース”です。手軽な粉末タイプの天然酵母を使い、国産強力粉で生地を作りました。ピザ生地は、パンのような2次発酵がいらないので、初めての方でも作りやすいですよ。

「天然酵母」ドライイーストと同様に扱えます。大きなきりかぶでも販売しています。

豆腐チーズ、トマトソース、バジルソースは手作りです。

「ガスパチョ」はスペインの“食べるスープ”です。トマトをベースに、パプリカ、きゅうり、玉ねぎ、にんにく、天然酵母パン、アップルビネガー入りです。冷やしていただきます。作りたてより、1日冷蔵庫で寝かせた方がまろやかな味わいです。

こちらの天然酵母パンは、私の育てたレーズン酵母のパンです。

火も使わず、夏野菜をミキサーにかけるだけなので、暑い夏でも調理しやすいです。

クミンとこしょうを加えたので、ほのかなアクセントとなりました。

「ティラミス・グラスデザート」は、豆腐のティラミスを、涼しげに見えるようグラスで作ってみました。

ブランデーを使ったコーヒーシロップを、コーヒースポンジケーキにしみ込ませ、豆腐チーズクリームを重ねてココアパウダーを振りました。

マクロでティラミスを作ろうとすると、陰性過ぎてあまり使わないような材料なので、穀物コーヒーや、甘酒などを使うことが多いですが、夏の盛りでもあるので、コーヒーもお酒もココアも使いました。

 

今月は夏を楽しめるメニューを考えました🌻

応用は思いっきり陰性なメニューですが、マクロでこれだけ作れたら楽しいですよね。あくまでも参考にして、もう少し陽性にしたいなど、体調に合わせて材料を選んで下さいね。

 

ゆき