マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月

こんにちは。

秋らしいさわやかな季節となりました。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 9/8(金)

玄米ごはん / クリームシチュー / 昆布の佃煮

 

「玄米ごはん」は圧力鍋で炊きました。初めての方にも「おいしい❤」と言っていただけたのでうれしいです。

私はドイツ製シラルガンの圧力鍋を10年以上愛用しています。

ふっくらもっちりと玄米ごはんが炊けるので、玄米がおいしくないと思っている方にもおすすめしたいです。

かまど炊きのようなおいしさの秘密は、強磁性銅の優れた熱効率と、特殊ガラスセラミックによる遠赤外線効果の力です。

「クリームシチュー」は基本のシチューです。

地粉を菜種油で炒めて昆布だしでのばし、ベシャメルソースを作りました。

豆乳も使っていないのに、クリーミーでコクのあるクリームシチューができました。生徒さんはとても上手に作れて、「早速家で作りたい❣」と気に入ってもらえました。

野菜はにんじん、玉ねぎ、キャベツをたっぷり使用しました。

だしをとった後の昆布は佃煮にしました。

💛お手当は「小豆かぼちゃ」を行ないました。

糖尿病、むくみなどのおすすめのお手当です。症状のある方は、朝晩、小皿に一杯ずつ食べるとよいです。

もちろん、どなたが食べてもおいしいお料理です。

小豆をたっぷりの水でやわらかく煮て、かぼちゃを加えて煮たものです。塩少々をします。

腎臓に効かせるため、汁気をたくさん残すように仕上げることがポイントです。

残ったかぼちゃのわたを使ったお焼きと、かぼちゃの種の炒ったものをみんなで分けていただきました。こちらもおいしくて、人気でした。

 

<応用> 9/15(金)

黒ごま入り玄米ごはん / たぬき汁 / もちきびコーンクリームコロッケ / さつまいものみそマヨ和え / 塩麹のスコーン

 

「黒ごま入り玄米ごはん 」は、黒ごまを玄米に加えて炊いたものです。ごまが香ばしく、色も染まってきれいです。

「たぬき汁」は、うの花を使ったお味噌汁です。うの花には種がないので、“種抜き”=“たぬき”というわけです。

こんにゃく、ごぼう、にんじん、油揚げ入りで、おろし生姜を添えました。だしは昆布と椎茸、味噌は麦味噌と豆味噌を合わせました。コクがあって、体が温まる汁物です。

「もちきびコーンクリームコロッケ 」は、炊いたもちきび、クリームコーン、粒コーン、うの花を合わせて生地にし、天然酵母パン粉をつけて菜種油で揚げました。

もちきびとコーンできれいな黄色で、みんな大好きな味だと思います。

添えたサラダ菜は、「エルーゴ」という品種で、私が育てたものです。秋になって少し葉っぱが硬くなりましたが、少し辛味があって味の濃いサラダ菜です。丸くてきれいな形をしているので、お弁当の仕切りにもおすすめです。「大きなきりかぶ」にて種を販売しています。

F1種でないので、種がとれたらまた来年蒔けるかなと楽しみにしています。

私は種や畑には詳しくないので、「オーガニック な 畑(自然栽培)」のカテゴリー担当のけんさんに聞いてみるといいですね。

「さつまいものみそマヨ和え」は、最近さつまいもを見ていて思い付いたお料理です。蒸したさつまいもと、白ネギを豆腐マヨネーズと麦味噌、粒マスタードで和えました。味噌を使うのでねぎがよく合います。生徒さんにも好評でした。

「塩麹のスコーン」は、玄米塩麹、うの花を使ったスコーンです。生地には甘みを全く加えていないのですが、とてもおいしいです。地粉や菜種油の香ばしさが塩味と合わさって、甘味に変わっているのでしょうね。

豆乳カスタードクリームと、無糖のブルーベリージャムを添えました。

飲み物は水出しの三年番茶です。

おまけの1品です。コロッケの衣の残りとパン粉を混ぜたものを揚げました。これが一番おいしいという方もいるくらいなぜか人気です。お子さんのおやつにも喜ばれますよ。

 

今月の応用は、生徒さんの「うの花のお料理が作りたい」というリクエストに応えて、3品にうの花を使いました。

まだ夏の名残で暑く、夏と同じようなものを食べてしまいがちですが、この時期に身体を冷やしてしまうと風邪もひきやすくなりますので、秋の食べ物や身体を温めるものを食べるようにして、冬に備えて下さいね。

今回使った玄米や雑穀などの穀物、さつまいも、お味噌などがおすすめです。

 

ゆき

 

 

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月メニュー

🎑なちゅらるクッキング9月メニュー🎑

<基礎> 9/8(金) 10:00~13:00  1,550円

・玄米ごはん

・クリームシチュー

お手当は「小豆かぼちゃ」

 

<応用> 9/15(金)    9:30~13:00     2,550円

・黒ごま入り玄米ごはん

・たぬき汁★

・もちきびコーンクリームコロッケ★

・さつまいものみそマヨ和え

・塩麹のスコーン★

今月は応用はうの花づくしです。★にうの花(おから)を使用しています。

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」8月のお知らせ

  • 🌻マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」は8月はお休みです🌻

次回は9月です。

基礎・・・9/8(金)

応用・・・9/15(金)

よろしくお願いします。

暑さの折、気を付けてお過ごし下さい。

 

ゆき

 

 

 「なちゅらるクッキング」は土田公民館にて行っている、マクロビオティック料理教室です。(毎月第2金:基礎、第3金:応用)
受講生は随時募集しています。基礎のみ・応用のみ・同時受講・単発受講も可。

❤玄米菜食のシンプルでおいしい炊き方を知りたい方

❤ヘルシーなお料理のレパートリーを増やしたい方

❤お料理して食べるのが好きな方

❤お友達を増やしたい方

❤健康、ダイエット、美肌に関心のある方

❤マクロビオティックの基本を学びたい方  など

*玄米、雑穀、野菜、豆、海藻などの植物性素材を使い、お肉やお魚、卵、乳製品、お砂糖、化学調味料などは使いません。(だしは昆布・椎茸・野菜です。)
*BHウォーターを使用します。

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」7月

こんにちは。

夏本番となりましたね☀

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 7/14(金)

すったて / にんじんのピーナツバター和え

 

「すったて」は、埼玉県川島町の郷土料理で冷やし汁うどんのことです。名前の由来はつけ汁の具材を“すりたて”で食べていたことからきているといわれています。

手打ちうどんを作り、冷たい味噌仕立てのつけ汁を添えました。味噌を焼いてすり鉢でするのがポイントです。炒りごまときゅうりが入っています。

薬味にみょうが、大葉を添えました。

手打ちうどんを初めて作ったという方も多く、「もちもちでおいしい❤」と好評でした。

つけ汁を薄目に作ると、冷たいお味噌汁としていただけるので、暑い夏にもおすすめです。

「にんじんのピーナツバター和え」は、蒸し煮したにんじんを、ピーナッツバターをしょうゆ、だし汁でのばした衣で和えました。粒入りの無糖のピーナツバターを使っています。

 

💛今月のお手当は「どくだみ茶」を行ないました。

どくだみ

葉を陰干ししたもの

煮出してお茶にします。

野草の生命力の強さをお手当に利用します。

にきび、高血圧、便秘、かさかさアトピー、副鼻腔炎などに。

お茶として飲むほか、ローションとしても使えます。

臭みやクセがあるという先入観を持つ方が多いと思いますが、しっかり乾燥させているからか、干し草のような香りで、クセもなくおいしく飲めます。

生徒さんにも好評で、食後のお茶としてもいただきました。

 

<応用> 7/21(金)

ベジタリアンピザ 2種  /  ガスパチョ / ティラミス・グラスデザート

ピザを取り分けたところです。一人分は2種類を2枚ずつになります。

 

「ベジタリアンピザ 2種」は、“トマトソース&豆腐チーズ”と、“バジルソース”です。手軽な粉末タイプの天然酵母を使い、国産強力粉で生地を作りました。ピザ生地は、パンのような2次発酵がいらないので、初めての方でも作りやすいですよ。

「天然酵母」ドライイーストと同様に扱えます。大きなきりかぶでも販売しています。

豆腐チーズ、トマトソース、バジルソースは手作りです。

「ガスパチョ」はスペインの“食べるスープ”です。トマトをベースに、パプリカ、きゅうり、玉ねぎ、にんにく、天然酵母パン、アップルビネガー入りです。冷やしていただきます。作りたてより、1日冷蔵庫で寝かせた方がまろやかな味わいです。

こちらの天然酵母パンは、私の育てたレーズン酵母のパンです。

火も使わず、夏野菜をミキサーにかけるだけなので、暑い夏でも調理しやすいです。

クミンとこしょうを加えたので、ほのかなアクセントとなりました。

「ティラミス・グラスデザート」は、豆腐のティラミスを、涼しげに見えるようグラスで作ってみました。

ブランデーを使ったコーヒーシロップを、コーヒースポンジケーキにしみ込ませ、豆腐チーズクリームを重ねてココアパウダーを振りました。

マクロでティラミスを作ろうとすると、陰性過ぎてあまり使わないような材料なので、穀物コーヒーや、甘酒などを使うことが多いですが、夏の盛りでもあるので、コーヒーもお酒もココアも使いました。

 

今月は夏を楽しめるメニューを考えました🌻

応用は思いっきり陰性なメニューですが、マクロでこれだけ作れたら楽しいですよね。あくまでも参考にして、もう少し陽性にしたいなど、体調に合わせて材料を選んで下さいね。

 

ゆき

 

 

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」7月メニュー

🌠なちゅらるクッキング7月メニュー🌠

<基礎> 7/14(金) 10:00~13:00  1,550円

・すったて(手打ちうどん+冷やし汁)

・人参のピーナツバター和え

お手当は「どくだみ茶」

 

<応用> 7/21(金)    9:30~13:00     2,550円

・ベジタリアンピザ2種

・ガスパチョ

・ティラミスグラスデザート

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」6月

こんにちは。

暑くなりましたが、風がさわやかな季節ですね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 6/9

そら豆入り玄米ご飯 / 揚げ豆腐と野菜の煮浸し / 昆布の佃煮

 

「そら豆入り玄米ご飯」は、圧力鍋で炊いた玄米ご飯に、ゆでたそら豆を混ぜました。豆のせいかご飯がとても甘く感じられました。

「初夏らしい!」と好評でした。

「揚げ豆腐と野菜の煮浸し」は本くず粉をまぶして揚げた豆腐、素揚げした人参、えんどうをしょうゆで濃い目に味付けした昆布だしでさっと煮ました。

添えたしょうがの風味もよく合います。

「昆布の佃煮」は、だしをとった後の昆布をしょうゆだけで煮たものです。

私の漬けた5年ものの小梅干しも添えました。

やはり、しょうゆがおいしいとお料理が抜群においしくなります。

マルシマの杉樽仕込みのしょうゆを使っています。一度このおいしさを味わうと、他のしょうゆでは物足りなくなってしまいます。ステンレス樽だと風味が薄く感じられます。

大きなきりかぶでも販売しています。

 

❤今月のお手当は「生姜湿布」を行ないました。

あらゆる痛みに使える外用のお手当です。

①生姜をすりおろして布袋に入れ、70℃ほどに冷ました湯に入れてもみ出します。

②タオルを浸して絞り、患部に当てます。(内臓の痛みにも)

上にバスタオルなどをかぶせて保温しますが、見やすいように初めのタオルだけ撮影しています。

③患部が温まったら、びわの葉を当てるとさらに効果的です。

④葉を直接当て、上から熱いタオルなどで温めます。

症状のひどい場合は葉がすぐに黒くなります。(毒素で)

「気持ちいい~💛」と大好評でした。

 

<応用>☆☆ 6/16

にんじん玄米ご飯 / コーフーボールのあんかけ / 大豆のバルサミコ酢漬け / 昆布ゼリーと海藻のサラダ / 三年番茶蒸しパン

 

「にんじん玄米ご飯」は軽く蒸し煮したにんじんを玄米と一緒に炊き込みました。にんじんの甘みがおいしく、きれいな色のご飯になります。

「コーフーボールのあんかけ 」は、素揚げコーフーから手作りしました。

グルテン粉と地粉を合わせて生地を作り、蒸し器で1時間以上蒸します。

3倍ほどに膨らみます。これをスライスして素揚げしたものが“素揚げコーフー”です。これを味付けして煮たものが“煮コーフー”です。この状態で缶詰で売っていることが多いです。

膨らんだもの(パンなど)は陰性なので、何か症状のある方は控えた方がよいですが、これは、蒸す+揚げる+煮るという陽性さ(火と時間)を加えているので、体にやさしく、どなたでも食べやすいものになります。

マクロビオティックでは、お肉に見立てて使います。小麦たんぱくです。

小麦のたんぱく質は良質なたんぱく質で、脳の栄養になるので「健脳食」✨と言われています。受験生にもおすすめです。精神も落ち着きます。

今回はこれをみじん切りにし、しょうゆで味付けした昆布だしで煮たものをひき肉に見立て、炒めた玉ねぎ、椎茸と合わせてミートボールにして揚げました。

コクがあり、食べ応えもあり、お肉好きの方でも満足していただけるのではないかと思います。

「大豆のバルサミコ酢漬け」はゆでた大豆を麦味噌、バルサミコ酢に漬けたものです。一晩漬けるとよいですが、作ってすぐでもおいしく、ご飯によく合います。

「昆布ゼリーと海藻のサラダ」は、昆布だしで寒天ゼリーを作り、カットしたものを海藻サラダに加えています。トマト、きゅうりという夏野菜も使い、見た目も涼しげなサラダになりました。揚げた玉ねぎがアクセントです。じゃこや小エビのような香ばしさです。

「三年番茶蒸しパン」は豆乳で三年番茶を煮出して、ミルクティーを作り、これを水分として蒸しパンの生地を作りました。米あめとレーズンでやさしい甘さです。

 

今回はコーフー作りがメインでした。大豆たんぱくや小麦たんぱくを買ってきて、お肉代わりに使うことはよくしますが、今日は一から作ってもらいました。

「こんなに時間と手間をかけて作るものだなんて!・・・今度からありがたく食べます」と言われた方もあり、普段口にするものがどのように作られるのかを知ることは大切なことだなと思いました。

ゆき

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」6月メニュー

🐸なちゅらるクッキング6月メニュー🐸

<基礎> 6/9(金) 10:00~13:00  1,550円

・そら豆入り玄米ごはん

・揚げ豆腐と野菜の煮浸し

お手当は「生姜湿布」

 

<応用> 6/16(金)    9:30~13:00     2,550円

・人参入り玄米ごはん

・コーフーボールのあんかけ

・大豆のバルサミコ酢和え

・昆布ゼリーと海藻のサラダ

・三年番茶蒸しパン

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」5月

こんにちは。

暑くなってきましたね。お弁当を持ってお出かけする機会も多くなるかと思い、基礎・応用ともお弁当をテーマにしました。

今月の教室の様子をお伝えします。

 

<基礎> 5/12(金)

玄米みつばちいなり  /  実そばのすまし汁  /  大豆昆布

 

「玄米みつばちいなり」は少し硬めに炊いた玄米ごはんに梅酢と白ごまを混ぜ、酢飯を作りました。梅酢は酸味もやわらかく、お砂糖いらずでおいしい酢飯ができます。

昆布だしとしょうゆで煮た揚げに酢飯を詰め、おいなりさんを作り、かわいくアレンジしました。

のり、餃子の皮、にんじん、カイワレを使って、みつばちにしました。

マクロビオティックでは、動物性素材やお砂糖を使わないので、キャラ弁で使いやすいスライスチーズやハム、カニかま、たまごなどを使わずにできる方法を考えました。

「実そばのすまし汁」は、そばの実をたっぷり入れた汁物です。だしは昆布と椎茸です。他の雑穀でも作れます。

「大豆昆布」は、生徒さんから「おいしい豆の煮方を知りたい」というリクエストがあったので、煮豆にしました。

陰性の大豆と、陽性の昆布が合わさって、おいしくなります。圧力鍋を使い、水としょうゆだけで煮ます。豆の甘みが引き出されます。

 

💛今月のお手当は「体質と体調の陰陽」のお話をしました。

自分の陰陽を知ることは大切なので、体質と体調別にチェックシートを作り、自己診断をしてもらいました。

体質:背の高さ、髪質、目の大きさ、手の大きさなど

体調:顔色、便の色・形、尿の回数、生理周期など

陰陽は、陰が転じて陽となり、陽が転じて陰となる「変化の法則」なので、固定的に考えず、柔軟的に考えることが大事です。

つまり、「私は冷え性だから陰性体質だ」というように決めつけることはできないということです。特に体調は日々変化しているので、複眼思考で見る必要があります。

中庸にもっていくことで、バランスがとれた状態になりますので、陰性寄りの人は陽性さを、陽性寄りの人は陰性さを徐々に取り入れて中庸を目指しましょう。

 

<応用> 5/19(金

玄米くまいなり / 高きびのミートボール / アスパラガスとそばのくるみ味噌和え / かぼちゃの茶巾絞り / プチトマトりんご&枝豆団子 / スウィートコーンマフィン

 

「玄米くまいなり」は、基礎と同様に、おいなりさんにのり、コーン、餃子の皮を使って、くまさんのアレンジをしました。

「高きびのミートボール 」は炊いた高きびに、炒めた玉ねぎを混ぜてミートボールにしました。高きびは牛肉の色にそっくりです。

しょうゆとりんごジュース、本くず粉を使った和風ソースをからめました。

「アスパラガスとそばのくるみ味噌和え」は、ゆでたそばとアスパラガスを、豆味噌、くるみ、玄米甘酒を使ったくるみ味噌で和えました。汁気もないので、お弁当にも入れやすいです。

「かぼちゃの茶巾絞り」は、蒸し煮したかぼちゃを、実と皮に分けて裏ごし、2色になるように茶巾絞りにしました。かぼちゃの種を飾っています。

「プチトマトりんご&枝豆団子」は飾りです。プチトマトに、枝豆1/2粒を、炒めたスパゲティーで刺して止め、りんごちゃんを作りました。そのまま食べられます。

枝豆団子は、ゆでた枝豆をつまようじで団子状に刺したものです。かわいいピックを使ってもいいですね。

「スウィートコーンマフィン」はクリーム状にしたコーンと、粒のコーンを生地に入れています。コーンの甘みで、てんさい糖は少なめでも、甘いマフィンになります。アクセントに、セージを少し加えました。アニスシードも合います。

 

今月はお弁当にしやすいメニューを考えました。生徒さんから「キャラ弁がやりたい」というリクエストがあったので、おいなりさんをかわいくアレンジしてみました。

「キャラ弁は初めて」という方も、皆さん楽しそうに作ってみえました。作る人によって、表情が違うのがいいですよね。

お子さんには喜ばれると思います。お弁当の参考にしていただければ、うれしいです。

ゆき

 

❤「なちゅらるクッキング」は岐阜県可児市土田公民館にて行っている、マクロビオティック料理教室です。(毎月第2金:基礎、第3金:応用)
受講生は随時募集しています。基礎のみ・応用のみ・同時受講・単発受講も可。

◆玄米菜食のシンプルでおいしい炊き方を知りたい方

◆ヘルシーなお料理のレパートリーを増やしたい方

◆お料理して食べるのが好きな方

◆お友達を増やしたい方

◆健康、ダイエット、美肌に関心のある方

◆マクロビオティックの基本を学びたい方     など

☆玄米、雑穀、野菜、豆、海藻などの植物性素材を使い、お肉やお魚、卵、乳製品、お砂糖、化学調味料などは使いません。(だしは昆布・椎茸・野菜です。)
☆BHウォーターを使用します。

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」5月メニュー

🎏なちゅらるクッキング5月メニュー🎏

<基礎> 5/12(金) 10:00~13:00  1,550円

・玄米みつばちいなり

・実そばのすまし汁

・大豆昆布

お手当は「体質と体調の陰陽」

 

<応用> 5/19(金)    9:30~13:00     2,550円

❤今月はお弁当メニューです。

・玄米くまいなり

・高きびのミートボール

・かぼちゃの茶巾絞り

・アスパラガスとそばのくるみ味噌和え

・プチトマトりんご&枝豆だんご(飾り)

・スウィートコーンマフィン

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」4月

こんにちは。

暖かくなり、すっかり春らしくなりましたね。

今月の教室での様子をお伝えします。

<基礎> 4 / 14(金)

玄米おかゆパン / 雲片(うんぺん)

 

「玄米おかゆパン」は、玄米のおかゆを炊き、地粉、全粒粉、にんじん・昆布のみじん切り、白ごまを混ぜて生地にして丸め、オーブンで焼いたものです。

リマの基本料理です。

酵母やベーキングパウダーなどを使用しないと硬いパンになりますが、おかゆが入っているため、冷めてもしっとりとやわらかいパンです。

玄米ご飯が苦手な方にもおすすめです。

野菜のみじん切りは何でもよく、レーズンにするとお菓子のようになります。

「高校生の娘がおなかがすくので持たせたい」という方もあり、好評でした。

「雲片(うんぺん)」は、いろいろな野菜を煮込み、本くず粉でとろみをつけた汁物です。にんじん、たけのこ、椎茸、高野豆腐、春雨、グリーンピースを使用しました。

もともとは、残り野菜を使用した精進料理です。

❤今月のお手当は、「ヤンノー」を行ないました。

「ヤンノー」は、小豆を焙煎して粉にしたもので、「陽飲」と書きます。

その名の通り、陽性の飲み物です。

先月のお手当で「小豆の煮汁」を行ないましたが、効能は同じで、腎臓やむくみのお手当です。

2つを比べると、小豆を焙煎しているヤンノーの方が陽性になるので、陰性体質の人用になります。(冷えている人など)

お茶代わりに飲めるだけ飲みます。

お手当用でなくてもおいしいので、私は濃い目に作り、お汁粉として飲むのがお気に入りです。

 

<応用> 4 / 21(金

玄米ご飯~もちきび卵のせ / キャベツのポタージュ / グリーンピースのエスニックバーグ / うの花とパセリのサラダ / 桜のムースケーキ

 

「玄米ご飯~もちきび卵のせ 」は炊いた玄米ごはんに"もちきび卵″をのせ ました。炊いたもちきびに、豆乳としょうゆを混ぜると卵かけごはんの味になります🐤

「キャベツのポタージュ 」は、キャベツをたっぷり使用し、豆乳でポタージュスープにしました。外葉の青い所を使うと緑色が鮮やかに、芯も使うと甘くなります。だしは使わず、味付けは塩のみです。

「グリーンピースのエスニックバーグ」は、グリーンピースをつぶして丸めた、野菜だけのハンバーグです。ピーナツバターとレモン汁を加えているので、エスニックな味わいです。しっかりと味がついているので、ソースなしでおいしく、お弁当にもおすすめです。

「うの花とパセリのサラダ 」はにんじんとうの花を炒め、パセリ、オリーブオイル、レモン汁、塩を加えてサラダにしました。カラフルでお花畑のようです。パセリがたっぷり食べられます。ご飯にかけてもおいしいです。

桜のムースケーキ」は、米粉の生地に桜の葉を刻んで入れ、蒸しケーキにしたものに、豆乳のムースを流して固め、桜の花を飾り、寒天ゼリーで閉じ込めました。

和風のケーキなので流し缶で作り、四角に切り分けました。

紫芋の粉でうすピンク色にしました🌸

 

今月も先月に引き続き、春らしい彩りになるようメニューを考えました。

緑色の野菜をたくさん使ったので色もきれいだし、苦手な方でも抵抗なくたくさん食べられるのではないかと思います。

野菜をたくさん食べて、冬にため込んでしまった毒出しをしていきましょう。

ゆき