マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」2月

こんにちは。

春が待ち遠しい季節ですね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 2/9(金)

黒豆入り玄米ごはん / のっぺい汁 / ごぼうのきんぴら

 

「黒豆入り玄米ごはん 」は、玄米に黒豆を加えて炊きました。

圧力鍋を使うと、乾燥豆も水に浸したり、下ゆでしたりしなくても洗ってすぐに炊くことができます。豆の風味もギュッと閉じ込められて、うま味もアップしています。

「のっぺい汁」は、冬の汁物です。こんにゃく、ごぼう、大根、にんじん、椎茸を炒めてから煮ています。本くず粉でとろみをつけました。体が温まります。

だしは昆布と干し椎茸で、出し殻昆布で佃煮も作り、添えました。

具材を油で炒めたり、本くず粉を使うことで、より陽性に仕上がります。

片栗粉はじゃがいもでんぷんですし、本片栗粉だったとしても陰性のものなので、体を冷やします。また腸も荒らすので、体を良くしたい時にはおすすめしていません。

「ごぼうのきんぴら」はお手当と兼ねていますので、後述します。

 

❤今月のお手当は「ごぼうのきんぴら」です。

酸性体質、胃潰瘍、炎症、アトピーの赤い発疹におすすめのお手当です。

常備菜として小皿に少量ずつ、食事の時にいただきます。

焦げるくらいに炒めることで強い陰(アク)が飛び、甘くこっくりした味わいになる食箋料理です。

しょうゆだけで味付けし、しょうが汁を振りました。

しょうがのよい香りが好評でした。

金太郎さんの息子の金平太夫(こんぴらだゆう)が名前の由来です。力強いという意味です。

 

<応用>☆☆ 2/16(金)

にんじんの生キムチ玄米丼 / ねぎと椎茸の中華スープ / まん丸ひえしゅうまい / 杏仁豆腐

 

「にんじんの生キムチ玄米丼」は、玄米ごはんに、生のにんじんをたっぷりのせた丼です。

千切りにんじんを細ねぎ、ごま、玄米塩麹、粉唐辛子、しょうゆで和えています。玄米塩麹は私が育てたものです。少量をお料理に加えることでとてもおいしくなります。

「にんじんがいっぱい食べられる!おいしい❤」と好評でした。

「ねぎと椎茸の中華スープ 」は、簡単にできる中華スープです。だしは使わず、水と塩のみのスープです。

具材は何でもよいのですが、しょうがと塩を使うことで中華味になります。

白ねぎをたくさん使ったことで、少しとろみがつきました。

「まん丸ひえしゅうまい」は、炊いたひえ(雑穀)に玉ねぎ、にんじん、青ねぎ、豆腐を加えた生地を大きく丸めたしゅうまいです。

皮で包まず、細く切った皮をのせて蒸しました。

一緒に蒸した白菜と、辛子じょうゆを添えました。

先日、名古屋のカフェでいただいたしゅうまいがおいしかったので、形を真似してマクロにアレンジしてみました。インパクト大で、大好評でした。

「杏仁豆腐」は、豆乳、てんさい糖、寒天、本くず粉の生地に、天然のアーモンドエクストラクトで香りを付けました。

菱形に切り、米あめシロップに浮かべています。

杏仁豆腐は、本来は字の通り、杏の種の仁のミルクで作るものですが、材料が手に入りにくいので、一般的には牛乳とゼラチンで作られることが多いです。

手に入ったら作ってみたいですね。

おまけの一品:ねぎの根っこのから揚げ

にんじん丼に使ったねぎの根っこをから揚げにしました。香ばしくておいしいです。ねぎの根っこは薬にもなるので、ねぎに根が付いていたらぜひ食べてみて下さいね。

 

今月の応用は中華になりました。昨年の2月も中華だったように思います。

11月クリスマス、12月おせち、1月バレンタインという流れなので、私の思考回路は中華にしたくなるようです。

 

ゆき

 

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」2月メニュー

👹なちゅらるクッキング2月メニュー👹

<基礎> 2/9(金) 10:00~13:00  1,550円

・黒豆入り玄米ご飯

・のっぺい汁

お手当は「ごぼうのきんぴら」

 

<応用> 2/16(金)    9:30~13:00     2,550円

・にんじんの生キムチ玄米丼

・ねぎと椎茸の中華スープ

・まん丸ひえしゅうまい

・杏仁豆腐

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

ゆき

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」1月

こんにちは。

暖かい日が続きますが、来週はまた寒くなるそうですね。

気を付けてお過ごし下さい。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 1/12(金)

玄米七草粥 / 油揚げのカラカラ焼き

「玄米七草粥 」は、春の七草をみじん切りにして炒め、圧力鍋で炊いた玄米粥とともに煮ています。焼いた玄米餅ものせました。

初めに七草を炒めているところがポイントです。

陰性のアクが、油で炒めるという陽性の操作で、うまみと甘みに変わります。

「油揚げのカラカラ焼き」は、フライパンで焼いた油揚げに、しょうゆと梅酢を加え、カラカラに仕上げました。香ばしい一品です。

たっぷりのせた白髪ねぎがよく合います。

おまけのお焼き

せりの根や葉、にんじん入りのお焼きです。モチモチでおいしくて好評でした。

 

💛今月のお手当は、「五味の調和」のお話をしました。

七草粥に使用した野菜・野草

 

桜沢里真先生のマクロビオティック伝統レシピより引用しました。

 一月七日は七草がゆの日です。年末から年始にかけてご馳走を食べすぎることが多いので、この日は、あっさりしたおかゆに、野菜や野草を入れて、胃や腸をととのえようとの有難い祖先の知恵だと思います。「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ春の七草」といって、「七草なずな、唐土の鳥が日本の国へ渡らぬ先に。ストトントン」と、うたいながら七草を音をたてて切り刻みます。

この七草には、「辛・酸・甘・鹹・苦」の五つの味がふくまれています。私は、その五味に人参の甘みを加えて、よくきざみ、まぜてたたきまぜ、油で炒めて陰性の成分を少しとばし、おかゆに入れて七草がゆを作りました。ある若い科学者に食べて頂きましたら、「これはアミノ酸の味がする」、といって首をひねっていました。七草を生のうちにたたきまぜたために、五味が相互に陰陽が引き合い、うまみが出たものでしょう。

桜沢里真著「リマクッキング」(日本CI協会)より引用

「唐土の鳥」は大陸からの渡り鳥のことですが、インフルエンザという意味も含まれているそうです。

この時期、胃腸をいたわって、インフルエンザにかからないように気を付けたいですね。

 

<応用> 1 / 19(金)

玄米春菊ごはん / 白菜とキヌアのごまクリームスープ / チリ小豆バーグ / ひじきポテト / キャロブチップマフィン

「玄米春菊ごはん 」は、玄米ご飯に、みじん切りにしたたっぷりの春菊と、焼いた油揚げ、いりごま、黒こしょう、塩を混ぜたものです。

春菊が生でたっぷり食べられます。

私は春菊が大好きですが、春菊が苦手な方も、加熱したものより香りがやさしいので、食べられるかもしれません。生徒さんはそのように言っていました。

黒こしょうがアクセントになっています。

「白菜とキヌアのごまクリームスープ 」は、白菜と、人気の雑穀キヌアを昆布だしで煮て、白ごまペースト、しょうゆ、唐辛子、塩で味を調え、豆乳でクリーミーに仕上げました。

やさしい味わいでコクもあり、風邪気味の生徒さんも「おいしい❤  今日来てよかった~❤」と喜んでいました。

「チリ小豆バーグ 」は、水煮小豆のハンバーグです。つなぎに長いもや地粉を加えていますが、ほぼ小豆だけでできています。小豆のあんこのイメージを覆すお味です。色は牛肉そっくりです。

こしょうと唐辛子を少々多めに効かせるのがポイントです。

粒マスタードとオリーブオイルのソースを添えました。

生野菜と一緒にパンにはさんでもおいしいですよ。

「ひじきポテト」は、可児市の学校給食の人気メニューをマクロビオティックにアレンジしてみました。

炒め煮したひじきと、素揚げしたじゃがいもを和えたものです。

給食ではひじきを水に漬けて戻しているので、砂糖やみりんを加えないと物足りないのかなと考え、ひじきを水で戻さずに甘みとうまみを引き出しました。

じゃがいもの皮もむかず、風味が濃くなるようにすることで、しょうゆだけで甘みを出すことができました。

「お酒のおつまみにもなるね❕」と好評でした。

「キャロブチップマフィン」は、バレンタインデー用のお菓子です。

今年はチョコレートもココアも使わないチョコ味のマフィンにしました。

絹ごし豆腐を水分として使っています。アーモンドプードル、くるみも加えました。

キャロブパウダーとキャロブチップを使用していますが、キャロブはいなご豆のさやです。チョコレートの香りがします。

チョコレートやココアは南国のものなので体を冷やしますが、キャロブは体にやさしいです。

チョコデビューさせたくない小さなお子さんにもおすすめの食材です。

 

今月は、バレンタインデーのお菓子を先に決め、それに合うメニューを考えました。

素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい。

 

ゆき

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」1月メニュー

あけましておめでとうございます✨

なちゅらるクッキングは、おかげ様で9年目を迎えました。

今年もよろしくお願いします。

 

🎍なちゅらるクッキング1月メニュー🎍

<基礎> 1/12(金) 10:00~13:00  1,550円

・七草玄米粥

・油揚げのカラカラ焼き

お手当は「五味の調和」のお話

 

<応用> 1/19(金)    9:30~13:00     2,550円

・春菊玄米ごはん

・白菜とキヌアのごまクリームスープ

・チリ小豆バーグ

・ひじきポテト

・キャロブチップマフィン

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

ゆき

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」12月

こんにちは。

寒さが厳しくなってきましたね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 12/8(金)

あんかけそばがき / 蓮根ボール

「あんかけそばがき」は、そば粉でそばがきを作り、本くずでとろみをつけたあんをかけました。にんじん、小松菜入りです。梅干しも添えました。

そばは陽性な穀物なので、体が温まります。

お鍋で上手に練って下さったので、なめらかなそばがきができました。

「蓮根ボール」は、すりおろしたたっぷりの蓮根と、にんじんに、炒めた玉ねぎを加え、団子にして菜種油で揚げました。

本くずでとろみをつけた、生姜風味のあんをかけました。

野菜がたくさん食べられるお団子です。

串に刺した見た目も楽しく、香ばしいので、お子さんにも喜ばれると思います。

根菜とくず粉で、こちらも体が温まります。

おまけの一品

余った蓮根おろしと、昆布、生姜のお焼きです。

もっちりしていて好評でした。

 

今月のお手当は「蓮根湯」を行ないました。

蓮根は穴が開いていて空気が通りますよね。

なので、呼吸器系によい食べ物です。

ギューッと締まっている節の部分が一番効果的です。

おろし蓮根に、生姜汁と塩をほんの少々加えて火にかけ、お鍋の縁がフツフツしたらできあがりです。温かいうちにいただきます。

せき、たん、のどの痛み、気管支炎、ぜんそく、胃潰瘍、血圧の調整におすすめです。

とろみがあって、やさしい味のおいしいお手当です。

 

<応用>☆☆ 12 / 15(金)

玄米餅の白味噌雑煮、黒豆煮、市松のり巻き、ぎせい豆腐、紅白花れんこん、よもぎもちロール

「玄米餅の白味噌雑煮」は、昆布だしに、白味噌と麦味噌を合わせました。大根、里芋、焼いた玄米餅が入っています。お正月らしく、梅型にんじんも添えました。

「黒豆煮」は、黒豆を水、しょうゆ、塩だけで圧力鍋で煮たものです。塩気でお豆の甘みとうまみがよく引き出されています。初めて参加された方も、「お砂糖が入っているみたいに甘い❣」と驚かれていました。

「市松のり巻き」は、下煮した高野豆腐とにんじんを市松模様に組み合わせ、のりで巻いて揚げたものです。昆布巻きをアレンジしてみました。

昆布巻きがご家族にあまり人気がないという方は、ぜひお試し下さい。

「ぎせい豆腐」は、豆腐をベースに、コーン、にんじん、絹さや、昆布を混ぜた生地をオーブンで焼きました。玉子焼き器でも焼けます。

ほのかな黄色が卵色そっくりです。生地もなめらかで、おいしいです。

「紅白花れんこん」は、梅酢を加えて軽くゆでたれんこんを紅白に仕上げました。梅酢で白に、紫芋パウダー+梅酢でピンクにしました。

紫芋パウダーはアントシアニンで紫色ですが、梅酢の酸性に反応して赤色に変化します。レモン汁やお酢でも同じ効果があります。

ちなみにアルカリ性の重曹などに反応すると青緑色になり、食欲減退色になってしまいます。

調理は化学ですよね。

「よもぎもちロール」は、玄米粉と白玉粉の生地を蒸してよもぎもちを作ってのばし、黒ごまペーストを塗り、かぼちゃあんをのせて巻いて切ったものです。

ロールケーキや巻きずしの要領です。

お砂糖や甘味料を全く使わず、かぼちゃの甘みだけのお菓子です。

冷蔵庫で2日間ほどはやわらかいですが、それ以降はかたくなりますので蒸し直していただくとおいしいです。

お砂糖には保水力があるので、もち生地に入れるとやわらかさを保つはたらきがあります。和菓子のもち生地や、おはぎのごはんはやわらかさが保たれていますよね。

3日以上おもちのやわらかさを保ちたい場合は、米あめや、てんさい糖を加えるとよいかもしれませんね。

 

おせち料理を6品作りました。

おうちでのお正月メニューのお役に立てていただければ幸いです。

 

今回は化学反応のお話が多く出ましたが、ついでにもう一つ。

生徒さんから「蓮根料理が黒くなってしまうのはなぜですか?」という質問がありました。

蓮根のタンニンという成分は、鉄と反応すると黒くなってしまうので、鉄のフライパンや包丁などを使った時に黒くなります。

見た目が悪くなるかもしれませんが、食べても問題ありません。

科学的な根拠を知ると、お料理もさらに楽しくなりますね。

それでは、よいお年をお迎え下さい。

 

ゆき

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」12月メニュー

🎄なちゅらるクッキング12月メニュー🎄

<基礎> 12/8(金) 10:00~13:00  1,550円

・あんかけそばがき

・蓮根ボール

お手当は「蓮根湯」

 

<応用> 12/15(金)    9:30~13:00     2,550円

🎍今月はおせちです。

・黒豆煮

・ぎせい豆腐

・市松揚げ

・花れんこん

・よもぎもちロール

・玄米餅のお雑煮

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

ゆき

マクロビオティック料理教室        「なちゅらるクッキング」11月

こんにちは。

🍁紅葉が始まったと思ったら、あっという間に寒くなってきましたね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 11/10(金)

黄金粥 / 大根の素揚げ煮 / かりんとう

「黄金粥」は、玄米とかぼちゃを一緒に炊いたお粥です。

玄米がやわらかく炊け、かぼちゃと混ざり合って黄金色になっています。

どなたにも食べやすいおいしいお粥です。

アクセントにかぼちゃの蒸し煮を飾りました。

「大根の素揚げ煮」は、大根、にんじんを素揚げしてからしょうゆで濃い目に煮付けたものです。

だしも使っていないのに、コクのある煮物になっています。

油と塩気が合わさってうまく甘味に変わっているのでしょうね。

針しょうがを添えています。

「かりんとう」は、リマの初級の課題料理にもなっている基本のお料理です。

水と塩を加えた地粉の生地を菜種油で揚げました。

からりと仕上がるように、油の温度調節がポイントとなります。

温度やタイミングが適していないと芯がクニュッとなってしまいます。

焼き塩をふっていただきます。

 

❤今月のお手当は「生姜油」を行ないました。

頭痛、肩こり、中耳炎、脱毛、白髪、アトピーのかゆみ、花粉症、しもやけなどに、マッサージ・すりこみをする外用のお手当です。

ひねしょうがをすりおろし、汁を使います。

同量のごま油におろし汁を少しずつ加え、よく混ぜ合わせて乳化させます。

頭皮用には椿油に替えるのがおすすめです。

手足や肩などにすりこみながらマッサージすると、ポカポカして、血行が良くなるのが感じられます。

かぼちゃとしょうがのおやき

(お粥の残りのかぼちゃのわたと、お手当のしょうがの搾りかすを使いました。)

かぼちゃの種を炒ったもの

お楽しみのおまけの二品です。

生姜油でマッサージして、煮物の針しょうがや、しょうが入りのお焼きをいただいたので、「なんかポカポカしてきた~💛」とみなさんで温まることができました。

ちなみにしょうが入りのおやきは、たこ焼きの味がします。

 

<応用>☆☆ 11/17(金)

🎄今月はクリスマスメニューです。

フルコースを一品ずつ紹介します。

前菜:エリンギのソテー~塩麹ソース

エリンギを輪切りにして冷凍し、凍ったまま焼きました。そうすることで組織がこわれ、うま味がアップします。

オリーブオイルと玄米塩麹を合わせたソースがよく合います。

玄米塩麹は、私が作ったもので、お気に入りの調味料の一つです。

スープ:ほうれん草のスパイススープ

ほうれん草と玉ねぎをたっぷりと使用したポタージュです。カレー粉を使い、スパイシーにしました。

中央の具は絹ごし豆腐です。まるでチーズの塊のように見えます。

パスタ:アマランサスのたらこクリーム風全粒粉スパゲティー

アマランサスという雑穀は炊くと、サイズ、色、プチプチ感がたらこそっくりです。

豆乳のホワイトソースで和えました。白しめじ、玉ねぎを使い、白いお料理に仕上げました。

手前:全粒粉スパゲティー、奥:精白小麦粉のスパゲティー

お米でいうと全粒粉パスタが玄米、精白小麦粉パスタが白米です。

マクロビオティックでは「一物全体」でいただくのが自然と考え、小麦も丸ごとの全粒粉パスタを使うことが多いです。

玄米の苦手な方は、パスタから取り入れてみてはいかがでしょうか?

伸びにくいので、アルデンテの食感も残りやすく、おすすめです。

主菜:車麩のリース焼き

下味を付けて煮た車麩に、マヨネーズ風豆腐クリームを塗り、パプリカ、かぼちゃを飾って、オーブンで焼きました。

ドーナツ状の車麩を丸ごと使い、リースに見立てました。

デザート:抹茶のタルト、三年番茶

大きなきりかぶの人気ケーキのレシピそのままで作りました。

ナッツがたっぷりのさくさくタルト生地に、抹茶豆腐クリームを流し入れて焼きました。抹茶の香りと色が楽しめます。

ケーキを切り分ける前の姿です。

 

クリスマスなので、彩りと形を意識して考えたメニューです✨

おうちでのクリスマス会にお役に立てていただければうれしいです。

主食がパスタで粉食なので、おかずとして雑穀を使うと、粒食を取り入れることができてバランスが良くなります。

お豆腐をよく使いましたが、マヨネーズ風、チーズ風、生クリーム風と何にでも使える素敵な素材だなぁと改めて思いました。

 

ゆき

 

 

 

 

 

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」11月メニュー

🍁なちゅらるクッキング11月メニュー🍁

<基礎> 11/10(金) 10:00~13:00  1,550円

・黄金粥

・大根の素揚げ煮

・かりんとう

お手当は「生姜油」

 

<応用> 11/17(金)    9:30~13:00     2,550円

🎄今月はクリスマスメニューです。

・アマランサスのクリームパスタ

・ほうれん草のスパイススープ

・エリンギのソテー~塩麹ソース

・車麩のリース焼き

・抹茶のタルト

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

 

ゆき

 

土田公民館まつり、ありがとうございました。

11/5(日)可児市土田公民館まつりにて、マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」はカフェコーナーを出店しました。

今年で参加8回目となりました。ありがとうございました。

多くの方がコーヒーを飲みに来て下さいました。

クッキーも好評で、完売しました。

立ち寄って下さった方々、公民館職員さん、まつりスタッフの方々、なちゅらるクッキング会長のえりこさん、受講生のみなさん、ありがとうございました。

このクッキーは、植物性素材のみで甘さも控えて作っていますので、バターの香りや、やわらかさ、口に入れた瞬間の甘さはありませんが、よくかんで食べていただくと小麦のうま味・甘みが感じられ、ナッツ・紅茶・ココアの香りも楽しむことができます。

お持ち帰りして下さった方は、おうちでのティータイムでゆっくり味わってみて下さいね。

ゆき

H29可児市土田公民館まつり参加のお知らせ

マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」は、今年も可児市土田公民館まつりにカフェコーナーとして参加します☕

11/5(日)9:00~15:00

土田公民館2Fロビーにて

<メニュー>

❤オーガニックコーヒー・・・・・・・・100円

❤無農薬紅茶・・・・・・・・・・・・・100円

❤100%オレンジジュース(無香料)・・・100円

❤穀物コーヒー(ノンカフェイン)・・・・100円

❤手作りマクロビクッキー・・・・・・・・100円

(ココア・紅茶・ナッツの3種です。国内産小麦粉使用、卵・乳製品・白砂糖不使用です。)

みなさま、お誘い合わせの上、ホッと一息つきにいらして下さいね。

🍪クッキーは無くなり次第販売終了です。例年好評ですので、午前中がおすすめです。

 

★受講生のみなさんへ★

・クッキー作り:11/3(金・祝)9:00~

・まつり当日:11/5(日)8:50 2Fロビー集合です。

服装は上が白、下が黒、エプロン着用です。

よろしくお願いします。

 

ゆき