マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」10月

こんにちは。

朝夕、冷えるようになりましたね。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎>☆ 10/12(金)

玄米かやくごはん / 清まし汁

「玄米かやくごはん」は、炊いた玄米ごはんに、しょうゆ味で煮たかやくを混ぜました。ごぼう、にんじん、こんにゃく、油揚げ、いんげんです。

コクとうまみのある混ぜごはんになりました。

「清まし汁」は、だしは昆布と椎茸で塩としょうゆで味を調えました。

そうめん、椎茸に、いんげんと柚子皮をあしらい、風味の良いお汁ができました。

 

💛今月のお手当は「生姜湯」を行ないました。

冷え、むくみ、疲れ、血行不良、水虫、風邪のひきはじめにおすすめの外用のお手当です。

ひねしょうがを使います。

すりおろして木綿の袋に入れ、沸騰させないように鍋の中で箸でもみ出します。

バケツに入れ、45℃くらいに冷まし、足湯をします。

うっすらと汗をかくくらい、15~20分ほど続け、冷めたらさし湯します。

体がとても温まります。

 

<応用>☆☆ 10/19(金)

さつまいも入り玄米ごはん / 豆もやしの豆乳汁 / 車麩のあんかけ / ごま豆腐 / いが栗揚げ

「さつまいも入り玄米ごはん」は、玄米とさつまいもを一緒に炊きました。

おいもがホクホクでおいしいごはんです。

「豆もやしの豆乳汁」は、昆布・椎茸だしに豆乳を加え、塩としょうゆで調味します。

豆もやし、小松菜、小玉麩に、柚子皮を添えました。

まろやかな、うまみの濃いお汁です。

「車麩のあんかけ」は、だしとしょうゆで下煮した車麩に、長いも、エリンギ、椎茸、にんじんに本くず粉でとろみをつけたあんをかけ、いんげんをあしらいました。

味のしみこんだ車麩に、具だくさんのとろりとしたあんがよく合います。

「ごま豆腐」は、本くず粉と練りごま、波動水を混ぜ合わせて火にかけ、じっくりと練り上げたものです。

ごまの風味豊かでもっちりとした、私の大好きなお料理です。

火にかけて長く練れば練るほど、腸のお薬にもなります。

あしらったわさびは、緑色をしていないので「あれ?」と思う方もあると思いますが、自然のままの色です。

「いが栗揚げ」は、さつまいもとりんごだけの甘みのお菓子です。

少量の塩で甘みを引き出します。

そうめんをまぶして揚げ、いが栗に見立てました。

見た目に加え、揚げたてのパリパリとした食感も楽しいです。

 

今月は、秋らしいメニューを考えました。

「豆もやしの豆乳汁」と「車麩のあんかけ」は、リマの故松本光司校長先生のレシピです。

なるべく忠実にマクロビオティックを伝えて行けるようにメニューに取り入れました。

シンプルなのに、素材の持ち味を生かした調理法で、うまみが最大限に引き出されていると感じます。

秋の食卓の参考になさって下さいね。

 

ゆき

 

 

 

おすすめ記事

  1. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」3月メニュー

関連記事

  1. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」9月
  2. マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキン…
  3. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」12月
  4. マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキン…
  5. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」10月メニュー…
  6. 土田地区センターまつり
  7. マクロビオティック料理講座 3/3
  8. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」10月
PAGE TOP