2017 , 10月の定休日

 

秋らしくなってきました。

蝉の鳴き声も聞こえません。

少し寂しい気持ちになりますが、秋は秋の楽しみがあります。

おいしいものを食べ、紅葉を見に行き、温泉でゆっくりしたいところですが…。

忙しい毎日で難しいかもしれません。

ただ今は夏バテも終わりホッとしています。

 

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ も、 もうすぐ18年。

いろいろありましたが、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

朝晩は寒くなってきたので、風邪などひかないようお気をつけください。

 

  • 10月のお知らせです。

基本, 金.土 お休みです

 

☆10/   3(火)10/   4(水)10/   5(木)

外壁修繕工事のため、臨時休業します。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

☆10/   13(金) 教室日(水墨画)のみ。 9:00~12:00

 

 

☆9/ 20(金) 教室日(色鉛筆画) 10:00~12:00

自然食品お買い物10% OFFの日

(おはようセット、おにぎりセット、サンドはありません。

ドリンク、トースト、スープセット、ケーキはあります。)

 

 

☆10/  25(水  ) サウンドヒーリング 13:00~18:00

お一人様 15分 程度    ご予約優先 1500円

 

  ~お知らせ~

11/12(日)~11/17(金)18周年 感謝祭!決定。

プレゼントあり、試食あり、お楽しみいろいろです。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

氣、血、水(津)

知ることは、元氣でいられること☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私は、心と体について学んだり、感じたり気づいたりすると、ワクワクします☆エネルギーが満ちてくる感覚がします♡

 

今、薬膳カウンセラーの勉強中です。季節や症状にの身体に合わせた体のケアをもっと学びたく、奈良まで通って半年たちました。

 

今までも、「氣、血、水」は知っている言葉でしたが、「補氣、養血、滋陰」ちょっと難しい言葉だけどこれも知っている言葉でした。しかし、「氣虚証、氣滞証、痰湿証・・・」聞いたことない言葉(^_^;)???

初めて聞く言葉に戸惑いながらも、こんな症状の方は、「氣」が不足、「血」が足らない、「水(津)」がうまくめっぐっていないなど、少しずつ理解できるようになりました。

 

病気や症状は、心も体も両方のバランスが大きく影響します。

 

自分の心の状態を知ること、症状の原因を知ることはとても大事です。心と体、どちらに偏ってもうまくいきません。

 

 

薬膳の勉強の中で、この考え好きだなぁと感じることの一つに、「氣」を補うという考え方があります。「補氣」といいます。

 

病気や症状を改善するには、食事の仕方や栄養バランスが大事です。その中に「氣」を補う食材を入れます。そうすると元氣がわいてきます。

 

また、すごく疲れる、エネルギー下がりそう(様々な邪気)な前に、「補氣」を取り入れることで、自分自身にバリアーができ、邪気を寄せにくくします♪

 

 

このような自分に合ったバリアを作る方法を知っておくと、様々な状態のときも、邪気を寄せずに元氣でいられます。または回復も早いです(^o^)/

 

今回、薬膳料理教室に参加したメニューの中に、なめこ汁がありました。

 

アゴ(トビウオ)だしと、黄精という漢方をベースに養生スープをつくりました。このスープは「氣」を補ってくれます。そこになめこ、豆腐、お味噌を入れます。

お味噌はすり鉢で擦って入れます。このひと手間が、美味しいだけでなく、エネルギーも含まれたお味噌汁になるのです☆

 

早速家で、お味噌汁を作りました。家ではアゴだしではなく、いりこだしでしたが、お味噌をすり鉢で擦って入れただけで、子どもたちが、おかわりを山盛りしてました♪

 

見えないエネルギーは感じるものです。

 

たくさん「氣」を取り入れて、氣が充満すると、不安や恐れもなくなり、病気や症状も早く回復していきます(#^.^#)

 

家族がより元氣でいられるよう、そしてご縁ある皆様が元氣になることを、これからもお伝えしていきます(^_−)−☆

 

 

☆yukarin☆

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月

こんにちは。

秋らしいさわやかな季節となりました。

今月の教室の様子をお伝えします。

<基礎> 9/8(金)

玄米ごはん / クリームシチュー / 昆布の佃煮

 

「玄米ごはん」は圧力鍋で炊きました。初めての方にも「おいしい❤」と言っていただけたのでうれしいです。

私はドイツ製シラルガンの圧力鍋を10年以上愛用しています。

ふっくらもっちりと玄米ごはんが炊けるので、玄米がおいしくないと思っている方にもおすすめしたいです。

かまど炊きのようなおいしさの秘密は、強磁性銅の優れた熱効率と、特殊ガラスセラミックによる遠赤外線効果の力です。

「クリームシチュー」は基本のシチューです。

地粉を菜種油で炒めて昆布だしでのばし、ベシャメルソースを作りました。

豆乳も使っていないのに、クリーミーでコクのあるクリームシチューができました。生徒さんはとても上手に作れて、「早速家で作りたい❣」と気に入ってもらえました。

野菜はにんじん、玉ねぎ、キャベツをたっぷり使用しました。

だしをとった後の昆布は佃煮にしました。

💛お手当は「小豆かぼちゃ」を行ないました。

糖尿病、むくみなどのおすすめのお手当です。症状のある方は、朝晩、小皿に一杯ずつ食べるとよいです。

もちろん、どなたが食べてもおいしいお料理です。

小豆をたっぷりの水でやわらかく煮て、かぼちゃを加えて煮たものです。塩少々をします。

腎臓に効かせるため、汁気をたくさん残すように仕上げることがポイントです。

残ったかぼちゃのわたを使ったお焼きと、かぼちゃの種の炒ったものをみんなで分けていただきました。こちらもおいしくて、人気でした。

 

<応用> 9/15(金)

黒ごま入り玄米ごはん / たぬき汁 / もちきびコーンクリームコロッケ / さつまいものみそマヨ和え / 塩麹のスコーン

 

「黒ごま入り玄米ごはん 」は、黒ごまを玄米に加えて炊いたものです。ごまが香ばしく、色も染まってきれいです。

「たぬき汁」は、うの花を使ったお味噌汁です。うの花には種がないので、“種抜き”=“たぬき”というわけです。

こんにゃく、ごぼう、にんじん、油揚げ入りで、おろし生姜を添えました。だしは昆布と椎茸、味噌は麦味噌と豆味噌を合わせました。コクがあって、体が温まる汁物です。

「もちきびコーンクリームコロッケ 」は、炊いたもちきび、クリームコーン、粒コーン、うの花を合わせて生地にし、天然酵母パン粉をつけて菜種油で揚げました。

もちきびとコーンできれいな黄色で、みんな大好きな味だと思います。

添えたサラダ菜は、「エルーゴ」という品種で、私が育てたものです。秋になって少し葉っぱが硬くなりましたが、少し辛味があって味の濃いサラダ菜です。丸くてきれいな形をしているので、お弁当の仕切りにもおすすめです。「大きなきりかぶ」にて種を販売しています。

F1種でないので、種がとれたらまた来年蒔けるかなと楽しみにしています。

私は種や畑には詳しくないので、「オーガニック な 畑(自然栽培)」のカテゴリー担当のけんさんに聞いてみるといいですね。

「さつまいものみそマヨ和え」は、最近さつまいもを見ていて思い付いたお料理です。蒸したさつまいもと、白ネギを豆腐マヨネーズと麦味噌、粒マスタードで和えました。味噌を使うのでねぎがよく合います。生徒さんにも好評でした。

「塩麹のスコーン」は、玄米塩麹、うの花を使ったスコーンです。生地には甘みを全く加えていないのですが、とてもおいしいです。地粉や菜種油の香ばしさが塩味と合わさって、甘味に変わっているのでしょうね。

豆乳カスタードクリームと、無糖のブルーベリージャムを添えました。

飲み物は水出しの三年番茶です。

おまけの1品です。コロッケの衣の残りとパン粉を混ぜたものを揚げました。これが一番おいしいという方もいるくらいなぜか人気です。お子さんのおやつにも喜ばれますよ。

 

今月の応用は、生徒さんの「うの花のお料理が作りたい」というリクエストに応えて、3品にうの花を使いました。

まだ夏の名残で暑く、夏と同じようなものを食べてしまいがちですが、この時期に身体を冷やしてしまうと風邪もひきやすくなりますので、秋の食べ物や身体を温めるものを食べるようにして、冬に備えて下さいね。

今回使った玄米や雑穀などの穀物、さつまいも、お味噌などがおすすめです。

 

ゆき

 

 

 

 

 

 

 

川遊び 岐阜 板取川

 

夏も終わりに近付いて来ました。

朝晩は涼しくなってきましたね。

昼はまだまだ暑く、蝉の鳴き声が聞こえます(なぜかホッとする)。

今年は夏の間、毎週のように川に出掛けました。

海も一度だけ行きましたが、やっぱり岐阜県民は川ですよね。

飛騨川水系、長良川水系、八百津の足旅川  、まだまだあります。

 

岐阜県可児市にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶから下道40分の所に板取川があります。

鮎で有名な長良川の支流です。水がとってもきれい。

板取川でもさらに上流や支流にはもっときれいな場所がありますが、私たちは家から近い下流で泳ぎます。水もあまり冷たくありませんので。

板取は鮎もアマゴもおいしいし、キャンプ場や神社や温泉もありおすすめスポット満載。

また少しずつ紹介していきたいと思っています。

 

子供たちと行くときは川の近くで車を止めます。あまり遠いと何かあったときに困るので。

あまり関係のない話ですが、私はアウトドアが好きなので、車もどこでも行けるクロカン4WD。

車には釣り道具やアウトドア用品が常備されています。

私の影響で子供たちも川が大好きになりました。

子供たちは多少泳げますが、深い所は3mくらいあるし、流れが速く渦を巻いているところがあるので安全の為、必ずライフジャケット着用。

 

私は泳ぎが得意で川を知り尽くしていますが、危ない経験を何回もしているので川で泳ぐには安全第一です。

危ない経験をして気付いたこともあるので、必要だったのかもしれません。

板取川は水難事故が多く、今年も泳いでいるときに消防車や救急車、実際におぼれた人を見ました。

川を甘く見ている人が多いです。

たった一度の人生。もったいない。

 

 

子供たちと川へ行くと、まず泳ぎます。

シュノーケルを着け、鮎やいろんな魚を観察しました。

子供たちはハイテンション。

だんだん飽きてきて疲れてくると網で魚とりへ。

バケツに入れたり川に石を囲って天然水槽作り。

川にいる川虫を捕ってえさにして釣りをすることも。

散々遊んで。

帰るときに、魚を逃がす儀式が始まります。

どっちがどの魚を逃がすか、だいたいケンカになります。

毎回、同じことの繰り返し。

ただ二人ともいろいろ経験して成長したなーって感じました。

えっ!と驚くことも。

 

猛暑日でも、川に入っていれば身体が冷えてしまいます。

最後はお湯を沸かして、以前紹介した自然食品の尾道ラーメンを食べて締めくくりです。

炭焼きもいいですが、気軽にコンロで。楽です。

ガソリン代と少しの出費で1日大自然の中を遊べます。猛暑日も関係なし。天然クーラー。ストレス解消。

 

今年は夏バテで体調が悪かったのですが、川へ行くと元気になります。

子供たちも喜んでくれるのでありがたかった。

テレビを見たり遊園地もいいですが、できる限り大自然の中、いろいろ体験させてあげたいなと考えています。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

けん

マクロビオティック料理教室         「なちゅらるクッキング」9月メニュー

🎑なちゅらるクッキング9月メニュー🎑

<基礎> 9/8(金) 10:00~13:00  1,550円

・玄米ごはん

・クリームシチュー

お手当は「小豆かぼちゃ」

 

<応用> 9/15(金)    9:30~13:00     2,550円

・黒ごま入り玄米ごはん

・たぬき汁★

・もちきびコーンクリームコロッケ★

・さつまいものみそマヨ和え

・塩麹のスコーン★

今月は応用はうの花づくしです。★にうの花(おから)を使用しています。

 

*材料の仕入れ状況により、メニューが変更になる場合もあります。
*各回とも遅くても3日前(火曜日)までに、出欠連絡・申し込みをして下さい。(なるべく早めにお願いします。)
*時間通り始められるよう、開始15分前までにお越し下さい。
*新しいメンバーも募集中です。

ゆき