自然栽培 ジューンベリー

 

6月23(金)開催のアナスタシアのお茶会  受付を終了しました。

多くの方に申し込みいただき、ありがとうございました!

 

早いもので6月も中旬ですね。

オーガニックな畑では草の根を抜かず上だけ刈っています。

そのため土は乾燥しにくいのですが、さすがに最近雨が少なく、全体的に乾いてきました。

ほとんど放任ですが、小さな野菜の苗は少し水を与えないと枯れてしまいそうです。

野菜を育てていないときは、いつも晴れてほしいと思っていましたが、野菜を育てるようになってからは、雨が降るとホッとします。

小さい野菜の苗が心配ですし、種を蒔いたり苗を植えたり。

恵みの雨が、待ち遠しいです。

 

岐阜県 可児市 にある なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ の入り口付近に、ジューンベリーの木が2本あります。

苗を植えてから無農薬無肥料の自然栽培。

冬に葉が落ちてから少し剪定しますが、それ以外は少しの手入れだけです。

新緑の時期に少し毛虫採りをしますが、今年はまったく毛虫がいません。

不思議ですが、ありがたいことです。

6月に実がつくのでジューンベリーといいますが、今年もおいしい実が生りました。

鳥が狙っていたので、網を張りました。200円の安いもので充分効果あり。

まったく鳥を寄せ付けません。

実が赤くなったらもう少し。紫になったら食べ頃。

子供たちは紫の実を見つけると、自分で採って好きなだけ食べます。

酸味があってほどよく甘いので大好物。なかなか飽きません。

沢山採ればジャムにします。しばらく朝食のトーストに。

私は一般的な甘い果物より、ジューンベリーのようなほんのり甘い果物が好きです。

ただ、種があるので気にされる方もいるかもしれません。

私は種も食べてしまいますが。

 

観賞用にもおすすめ。

春、桜が散った頃白い花が咲き、葉は丸くかわいらしく、実は真っ赤できれい。

秋はきれいに紅葉しますよ。冬は少しお休み。

木は7mくらいの大木になるようですが、土が浅かったり鉢植えで、お店のジューンベリーは2.5mくらいで今のところ止まっています。

 

なちゅらるカフェ 大きなきりかぶ の 庭には ジューンベリー以外に、自然栽培で沢山の果樹が育てられています。

 

ブルーベリーはそろそろ食べ頃。

私が何度か草刈機で刈ってしまったので、かなり小さくなってしまいましたが毎年少し実を付けます。

 

びわの木。

今年は沢山実をつけました。甘酸っぱくおいしい。

虫もつきません。

 

夏はイチジク。

甘くておいしいですが、木に虫がつきます。

大きくなっては虫にやられ、切ってしまうとまた下から芽が伸びてきて。

また大きくなる。とにかく成長が早い。

 

冬はみかん。

ほったらかしですが、毎年満足できるくらい食べれます。

 

 

野菜もそうですが、特に果樹を育てると季節を感じることが出来るのでおすすめですよ。

自然が相手だと自分の思い通りにならないですが。

大変なこともありますね。

でもなかなかやめられません。

 

忙しい毎日の中で、立ち止まり、ふと考えます。

自然だけでなく、いろんなことが、思い通りにはならないと。

 

でも不満はありません。

 

 

 

明日は通常営業

よろしくお願いします。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

けん

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. マクロビオティック料理教室「なちゅらるクッキング」3月メニュー

関連記事

  1. 奈良の旅 始まりました。
  2. 白髭神社 流鏑馬(やぶさめ)祭り
  3. カフェから気軽に歩いていける山 , 鳩吹山
  4. 春の花 カフェの花
  5. 震災から6年
  6. 駐車場ロープ張り, ブランコ作り
  7. 安らぎの空間 プチ贅沢
  8. レゴランドジャパンへ
PAGE TOP